トライアル雇用奨励金の改正点、人を雇う時に使える助成金について

sponsoredlink

平生26年3月からトライアル雇用奨励金が拡充されました。

トライアル雇用奨励金の主な改正点

改正点1
ハローワークからの紹介だけに支給される

一定の要件をみたした民間職業紹介事業者にも対象

改正点2
ニートフリーター母子家庭の母が対象

・上に付け加え既卒未就職者育児などでブランクのある人

求人募集している会社に効果のある助成金

会社が人を雇う時に国が支給する助成金の中でもっとも利用頻度の多い助成金のうちの一つであるトライアル雇用奨励金の説明をします。

この助成金は中小零細企業などが、求人募集をする時に即戦力となる人材を求める傾向にありますが、経験の少ない求職者に就労機会を与えやすくするためにも国がお金を支給することによって促進する雇用機会の創出を目指している助成金です。

トライアル雇用奨励金が平成26年3月1日から上にあげたように改正され拡充されました。あらためてこの助成金の利点と活用方法について述べてみたいと思います。

詳しくはこちらを参照ください。

トライアル雇用奨励金のの改正点|厚生労働省

主な支給対象者

  • 母子家庭の母親(シングルマザー)
  • フリーターの期間が長い人
  • 転職回数が多くて就職が困難な人等
  • 既卒未就職者
  • 育児等でキャリアブランクのある人

支給対象期間と支給額

対象となる従業員を雇い入れた時から1ヶ月単位で最長3ヶ月間の助成されます。1ヶ月対象者1人につき4万円です。

トライアル雇用奨励金の活用方法

トライアル雇用奨励金は社会保険労務士が中小零細企業の経営者に向けて営業をする時に一番使いやすい助成金のうちの一つです。

このトライアル雇用奨励金はフリーターや転職回数の多い人、シングルマザーや育児で仕事から離れていた主婦など、正規雇用から離れていた人たちを正規雇用しやすくするために奨励金を支払う制度です。

求職者も会社側の人もおたがいに会社にあった仕事ができるかを正規雇用前に確認することが出来るためにより雇用しやすくなる制度でもあります。

活気のある会社は人手不足で悩んでいるところが多いです。それと同時に、雇うのならできるだけ優秀な人材がほしいと考えます。そうでなければアルバイトでマンパワーをつなげておくことを考えます。

このトライアル助成金はそういった中小零細企業の優秀な人材がほしいという視点を少しずらして、今までフリーターや転職に恵まれない人、一度専業主婦になったため正規雇用から遠ざかっていた人の中から優秀な人材を探すことが可能なシステムと考えられます。

社会保険労務士がこの助成金を活用する場合、なかなか就職できなくて困っている求職者に、企業が採用しやすくすることによって就職を促すという社会的意義のある側面と経営者に優秀な人材を採用するという企業利益にかなった側面をうま融合することによってこの助成金を有効活用することができるのではないかと思います。

sponsoredlink

コメント投稿する。