第45回社会保険労務士試験合格ライン予想各予備校の比較

sponsoredlink

合格発表はこちらのページヘ

2013年社会保険労務士合格発表に関してはこちらのページでご確認ください。

合格基準に関しては

(1)選択式試験は総得点21点以上かつ各科目3点以上、(ただし、社一1点以上、労災雇用健保2点以上)

(2)択一試験は総得点46点以上かつ各科目4点以上

社会保険労務士試験の合格基準

2013年社会保険労務士試験合格ライン予想

平成25年第45回社会保険労務士の合格ラインの予想が各予備校から出ています。

択一式試験の予想が46点前後、選択式の予想が23点で3科目ほど救済が入るのではないのかがおおかたの予想のようです。

今回の社会保険労務士試験はやはり選択式で難しい問題が出題された様子で、受験生の方の中にも救済がどの科目でされるのか心配の方もみえるのではないかと思われます。

このブログでもできる限り合格ラインの予想をアップしていきたいと考えています。

各予備校択一式予想選択式選択救済予想
ユーキャン46点24点労災2点
社一1点
健保2点
資格の大原47前後23点労災1点
社一健保各2点
TAC
LEC
山川予備校45点前後26点前後労災期待有
健保期待有
社一期待無?
IDE

45回社労士試験の感想

今回の社会保険労務士試験について択一式に関しては平年通りで、選択式に関しては難しい問題が多かったと思われます。

ただし、選択式の難しい問題というのは、考えて難しいかどうかというものではなく、勉強をした範囲を超えていたかどうかである場合が多く、受験生のほとんどが解けない問題で救済があるかないかで合否が決まるというのは、いかがなものかなとの思いもあります。

まじめに1年間受験してきた受験生が公平に判断される試験だと誰もが素直に思える試験であって欲しいと願うばかりです。

各予備校ごとの合格ラインの詳細についても今後アップしていきたいと考えています。

sponsoredlink

コメント投稿する。