第45回社会保険労務士試験に向けて試験の概要

sponsoredlink

2013年の社労士試験解答速報の予備校比較は以下を参照ください。

平成25年度社会保険労務士試験解答速報の各予備校比較

第45回社会保険労務士試験日程

試験日:

平成25年8月25日(日)

試験時間

午前9:30~13:00(210分)・・・択一式

午後14:30~15:50(80分)・・・選択式

受験手数料

9000円

願書請求方法 ↓ ↓ ↓

社労士試験受験申込に関する情報【申込書請求】|社労士勉強応援ブログ

平成24年度は合格率7パーセント、難関国家資格です。

Book

第44回社会保険労務士試験の受験者数は51960人です。申込者数だけでは66782人といかに人気のある国家資格であるのかわかると思います。

しかし、受験した人の数のうち合格した人の数は3650人と合格率が7.0%とおおよそ14人に1人しか合格できないという厳しい試験であります。

この14人に1人しか合格できないという数字に「わたしには無理だ」なんて思ったりしてません?

大丈夫です、まずはこのブログの“はじめて国家資格を受験する人の受験準備の3つのポイント|社労士勉強応援ブログ”をよく読んで国家資格が持つ特徴を掴んでください。

それに実はこの合格率7%という数字について受験生の中ではあまり信用されていません。いや、厚生労働省が嘘の数字を出しているというわけではありませんよ。

本当の合格率は20%!?

まず見てください、受験申込者数が約66000人いて受験者数が51960人ですよ、受験する前に15000人くらいが断念しているのです。

受験受付期間の締切が5月末日までです。その時までは「さー今年は合格するぞ」と申し込んだけど、8月の試験日になって、なんだかんだと理由をつけて受験しなかった人数だけでこれだけいるのです。

実際に受験している人の中には「今年は無理そうだけど試験慣れだけしておくか」とか「せっかくお金払ったんだから」とかそういう人って結構受験しています。

そういう人がまぐれにも合格するということはありません。

ですので、本気になってなにがなんでも合格するぞと燃え上がっている受験生っていうのは実際半分以下です。

合格率も5人に1人で20%くらいだと考えてもらってもいいと思います。

合格率が20%これだったら自分でも目指せるって思いませんか?

ようはやる気です。最後まであきらめずに自分は絶対合格するんだっていうやる気さえあれば、最後にはきっとなんとかなる資格だと思います。

sponsoredlink

コメント投稿する。