社労士は稼げる資格かの質問へのたった一つの答え

社労士は稼げる資格?

このブログを書いているのは2013年の暮れも押し詰まった12月31日です。2013年の総振り返りとして反省の意味を込めて社労士の今後についてと来年への抱負を書いてみたいと思います。

よく社会保険労務士って稼げる資格なの?と言う質問をしている人を見かけます。これは当然の疑問ですよね、「独立開業」を目指している人なら自分が目指す資格が稼げるかどうかは一つの重要な要素だと思います。

では社労士を目指すみなさんの励みになるようにここでわたしがが今年どれくらい稼いだのか一年の収入を公開しましょう!

と、だいそれたことをやれるには、まだちょっと時期ではない気がしています。

ですが、来年の今頃はしっかりどれくらい稼げる資格であるのか公開できるように頑張ってみるのも面白いかなという気持ちもあります。

稼ぎに行く見習うべき営業努力

なぜそのような気持ちになったのかというと年末に読んだ本に影響されたというのもあります。

その本とは堀江貴文さんの「ゼロ」です。

球団買収やライブドア事件などで時代の寵児であった堀江さんには賛否両論ありますしわたし自身も好きでも嫌いでもなくそれほど興味があったわけではないのです。

しかし、あるきっかけでフェイスブックでの堀江貴文さんがご自身が最近出版した「ゼロ」という本を書店への営業をしている風景がアップされているのを知って少し考え方がかわりました。この堀江さんの営業のための行動力は尋常じゃないと思います。

https://www.facebook.com/horiemillion

伝えるためにゼロに1を足していく努力、そういう努力をどこまでやれてこれた一年であったかわたし自身、まだまだたくさん反省することが多くあります。

社労士は稼げる資格?の前に稼ぎに行く資格

社会保険労務士は稼げるの?という疑問に対して、稼げる?という質問にはどこかしら「資格」自体が「稼いでくれる」というある種受け身的なニュアンスがあるのではないのかなとわたしは感じます。

そいういう意味では社会保険労務士は「稼げる資格」では無いと思います。社労士資格を持っているだけで稼げるなどということは聞いたことがありません。

つまり、これから必要となるのは、「稼げる資格」という考えから「稼ぐ資格」「稼ぎに行ける資格」へともっていかなければ始まらないのじゃないのかなという気持ちを感じています。

お金儲けのビジネスだけが社労士の使命ではないという批判もあるかもしれませんが、稼げなければ業界全体も盛り上がらないと思います。

実は異士業交流会などに出席して情報交換をしていると、社労士は他の士業に比べて大人しいということをよく耳にします。

たしかにそういう一面もあるかもしれません。弁護士さんや税理士さんは何かとパワフルで積極的に行動しているのが目につくのに比べて社会保険労務士はどこか行動力に欠けてるかなとのイメージもあります。

しかし、それでいいはずがありません。この社会保険労務士勉強応援ブログはもっと社会保険労務士業界を盛り上げたいとの思いから立ち上げているのです。

ですから2014年の抱負としてもっと「稼ぐ資格」「稼ぎに行ける資格」として売り出せるようにわたし自身もっともっと営業努力をしていろいろな方面からチャレンジしてみないといけないと考えています。

そして、それを社労士業界を活性化するためにもドンドンこのブログで公開していき多くの人と交流できるようにしていけたらいいなというのが来年への思いです。

いろいろたくさんのアイデアとそれを実行に移す努力をしていきたいとワクワクした気持ちで2014年を迎えたいと思います。

今年一年いろいろと勉強になることが多かった一年でした、皆さんも良いお年をお迎えください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。