メンタルヘルスマネジメント検定の資格活用の仕方、申込方法や受験者数合格率などについて

勉強

メンタルヘルスマネジメント検定試験とは?

最近人気のあるメンタルヘルス・マネジメント検定試験について、大変興味がある人も増えているみたいです。

今回はその注目されるメンタルヘルスマネジメント検定試験について、実際に取得して活躍している知人などから今後のこのメンタルヘルスマネジメント検定試験試験は難しいのか難易度の分析や資格を取得して実際どのような活躍ができるのか実際に資格で活躍している人はいるのかなどについて書いてみたいと思います。

メンタルヘルスマネジメント検定試験とは

仕事のストレスなどで精神の不調を訴えて休職する人や離職する人が増えています。職場の環境を整備して従業員が気持よく仕事を進めていくことを促すためにも、うつ病などの精神疾患に対して対策をとることも企業に求められてきます。

こうした問題を体系的に学んで解決する方法を探る知識を得るためにメンタルヘルスマネジメント検定試験が実施されていると思います。

大阪商工会議所が実施しているために国家試験ではありませんので独占業務などはありませんが、精神疾患を抑止するための企業の取り組みなど注目される分野で活躍が期待されます。

メンタルヘルスマネジメント検定試験でどのように活躍するのか

メンタルヘルスマネジメント検定試験は受験生の概要などが発表されていませんので、どういうタイプの人が受験するのかについては詳しくはわかりません。

しかし、今まで出会った検定試験合格者などからの意見によりますと、多くは2種類に分けられて、一つは企業の総務部に勤めている方が、会社内での職場環境改善のための対策のために体系的に一度学んだり、職場内でのスキルアップに資格の取得を目指している方がみえるみたいです。

もう一つは、社会保険労務士などの企業向けコンサルタントがセミナー等の講師業をする時にメンタルヘルスマネジメントの肩書を利用して増加する従業員の精神疾患に対してどのように企業は対処すべきかを講義しているようです。

メンタルヘルスマネジメント検定試験の資格は国家資格ではなく独占業務ではないので資格を取得しないと企業のメンタルヘルスのコンサルティングができないのかというとそうでもないです。しかし、一度しっかりと体系的に学ぶということが企業内での職場環境改善に有効に働くという意見をよく聞きます。

試験内容と試験合格率や受験者数について

試験はⅠ種Ⅱ種Ⅲ種にⅢ種類に分かれています。

試験実施は年に2回、毎年3月と11月に実施され、3月の試験はⅡ種とⅢ種だけでⅠ種は年に1回11月だけ実施されます。

受験日程や申込方法は公式サイトを参考にしてください。

受験者数と合格率については以下の票を参照してください。

メンタルヘルスマネジメント検定申込み人数

 

勉強の方法や試験対策などについて

メンタルヘルスマネジメント検定試験は厚生労働省が作成した「労働者のこころの健康の保持増進のための指針」を参考にして作成されています。

つまりこれをしっかりと熟知することが試験対策の第一歩となります。また、大阪商工会議所による公式テキストが販売されていてそちらをしっかりとものにすることが一番の効果的な勉強方法と言われています。

これからも注目される企業のメンタルヘルスケアの分野について体系的に学びたい人は一度挑戦してみることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください