スキマ時間勉強法【決定版】忙しくても記憶の持続を可能にする暗記テクニック

スキマ時間勉強法で資格ゲットとスキルアップ!

スキマ時間勉強方法のメリット

  1. 集中力をコントロールして効果的に使える
  2. 何よりもとりかかる癖を付けられる
  3. 暗記は気にかけることが何より大切

スキマ時間勉強法とは資格試験の勉強をする人なら一度は耳にしたことがあると思います。忙しいビジネスマンにとって一日のうち勉強のために割ける時間は多くありません。ましてやまとまった時間を机に向かってじっくり勉強できる恵まれた環境などほとんど無いのが現状ではないでしょうか。

だからといって時間がないことを理由に自らのスキルアップを断念してしまうようでは何か自分に必要となる次のステップを目指すこともできなくなってしまいます。そこで活躍するのがこのスキマ時間勉強法です。

一日の活動の中にあるスキマ時間を利用して勉強する習慣をつくれば時間がない人でも自分の目指すスキルアップのために効果的な勉強が可能となるのです。

また、このスキマ時間勉強法は「一日の勉強時間はたっぷりある私には関係ない」とか「わたしはまとまった時間で勉強するタイプだから」なんて考えていたらもったいないです。

なぜなら効率的な学習を目指す人にとって、スキマ時間勉強法のメソッドは記憶の定着に必要なエッセンスを凝縮しているからです。

スキマ時間勉強方法とは、試験勉強を考えている人には必ず取り入れて欲しい勉強方法の一つです。今回はこんなに効果的なスキマ時間勉強法の魅力に迫ってみたいと思います。

スキマ時間勉強法3つのメリット

社労士勉強法スキマ時間

スキマ時間勉強法という言葉を一度も聞いたことのない人のためにまずはスキマ時間勉強法とは何かから紹介しましょう。

中学生や高校生、大学生の時の勉強は遊びの時間と勉強の時間にはしっかりとメリハリがありましたよね。学生の頃は勉強するのが本分だから一日のうちで勉強のために時間を割くことは当然の事として過ごしています。

しかし、いったん学校を卒業して社会人になると、とにかく自分の時間がないことに驚きます。

会社での仕事で疲れて帰ってきたら忙しい家事が待っていたりなどと、まとまった時間がどうしてもとれないのが現状です。

でも、そんな言い訳をしていたらいつまでたっても資格試験を合格することは到底できないですよね。

じゃあ、合格する人はどうやって勉強するための時間を作っているのでしょうか、実は忙しい社会人でも合格する人はもっと効率的に勉強する時間を確保するよう努力しているのです。それがスキマ時間勉強法です。

スキマ時間勉強法とは、まとまった時間を机に向かって勉強するのではありません。普段の生活の中で勉強には使わない時間をあえて勉強に当てる時間のことをいいます。

たとえばお風呂に入っている時間、トイレに入っている時間、台所でキッチンに立っている時間、電車やバスを待っている時間など一日のうちで勉強以外で生活のために使っている時間を勉強と併用する勉強方法です。

でも、そんな生活を押し詰めてまで勉強するなんtね意味があるの?という人のために、スキマ時間こそ勉強して欲しいメリットを見てみたいと思います。

メリット1「集中力をコントロールして効果的に使える」

暗記方法

人の集中力は何時間継続するかご存知ですか?長い人で2時間、一般的には90分と言われています。またその時間内でも本当に集中できる時間は15分とも言われているのです。

それ以上同じ作業を繰り返すと脳がその作業をすること自体に飽きてしまい、効果的に記憶学習することが困難となります。

しかもです、勉強をしている時間を測ってみると、すべての時間で平均的に集中ができているわけではないのです。

実は、長い時間勉強していても集中力のピークというものが存在します。では、それがいったいどの時間だと思いますか?実は、集中力のピークとはやり始める時間と、最後にゴールに向かってダッシュする時間なのです。

ですから、スキマ時間勉強法とはこの集中力のピークである、スタートダッシュと最後のラストスパートその両方を効果的に使用できる10分から15分という時間でもって勉強する時間に割くことを心がけることができるのです。

短い時間で、「さーこれから勉強するぞ」と、「もうタイムアップだ最後の1問だけ解いて終わりにするぞ」という2つの集中力が発揮する時間、それを効果的に利用することができるのです。

メリット2「とりかかる癖を付けられる。」

記憶方法2

スキマ時間が効果的なメリットが有るという理由その2は、とりかかる癖を付けられるということです。

勉強をする時に、「あれ、なんだか部屋が汚いからまずは部屋の掃除をしてから勉強しようかな」とか、「そう言えばあれってどうなってたんだっけちょっと調べないと」など、勉強するという現実から少しでも逃げる口実を作ってしまう人って多いと思います。

こういう勉強に取り掛かるための準備時間のロスをスキマ時間勉強法はできるだけ排除することが可能です。

まずは、とにかく勉強を始めること、「最初の10分でいいからまずは勉強しよう」と、自分の中でルールを決めておくことにより、とにかくはじめられるというメリットが有ります。

10分でいいから勉強しよう、それを1日6回繰り返したら1時間の勉強時間に匹敵します。しかもそれが集中して勉強している濃密な勉強時間としてはかることができるのです。

メリット3「暗記は気にかけることが大切。」

暗記成功

暗記する一番の効果的な方法は何度も繰り返すことというのはこのブログでもなんども説明してきました。

暗記訓練を生活習慣化する記憶方法

このスキマ時間勉強法だと、一回で勉強する時間は10分から15分にすぎません。そうなると一回の勉強ではしっかりとした勉強はできないことになります。

でも、その1回の勉強を何度も繰り返すことによって、前回勉強したことの復習や頭への呼び覚ましが何度も繰り返されることになります。

つまり自動的に記憶に必要となる暗記事項がリピートされる効果が現れることになります。

記憶力アップする暗記トレーニングの決定版!記憶の習慣化を可能にする

こちらの記憶トレーニング第3条でも書いたことですが、エビングハウスの忘却曲線で記憶は何度も繰り返すことによって脳の中で必要な情報であると認知され定着することがわかっています。

つまり何度も繰り返すこと、これを必然的に行っていくスキマ時間勉強法は記憶の定着にとても効果的であるということが理解していただけたでしょうか。

さらに効果的な暗記方法と勉強のコツ

最後にもう少し具体的にどうやって勉強したらいいのかについても書いておきたいと思います。

このスキマ時間勉強法はとにかく始める癖がつくというメリットが有ると紹介いたしましたが、だからと言ってまったく無計画に始めてみても効果はありません。

まずは、最初にやり始める計画段階では何を勉強するのか、どれくらいの目標をたててこなしていくのか大体の設定が必要となります。

また、たとえば、トイレの時間とキッチンで勉強する時は○○の科目を勉強するとか、電車で待っている時間は1問1答を10問解くとか自分が置かれている環境とそれにマッチした科目を選択することも効果的です。

なぜなら記憶というのはただ単に机に向かって単調にしていても記憶にひも付けされないからです。一見すると関係無いようにみえる台所での勉強とか電車待ちでの勉強など環境を変えることによって脳に刺激が与えられ記憶に紐付いていくことが可能となるのです。

ですから、どこで勉強するのか何を勉強するのかくらいの計画は初めに立てることは重要となってきます。

みなさんもぜひこのスキマ時間勉強法を生活の一部の中に取り入れて、忙しい生活の中でも勉強する習慣をつけて目標を達成してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください