ネガティブ思考が受験に悪影響を与える思いがけない注意ポイント

sponsoredlink

なにかの目標に向けて勉強をしている人、それが国家資格であったり、受験であったり、そのようなものに挑戦している人というのは、その挑戦すること自体がポジティブな行動です。

「自分には無理だ」とはじめからネガティブに考えているような人は受験すること自体考えない傾向にあります。

だから、ちょっと模擬試験の成績が悪かったとか、何時間勉強しても成果があらわれていると実感できないとかそういうことで不安になることがあるかもしれないけれど、それはおそらく一時的なものにすぎません。

あなたならきっとすぐに乗り越えてポジティブシンキングに切り替えてしまうことでしょう。

ネガティブ思考の思わぬ落とし穴

でも、自分ではポジティブだから大丈夫だと思っていても思わぬ所でネガティブになっている落とし穴があります。

国家資格のようにある程度難易度の高いものを受験しようと考えていたりする場合、ある程度自分の生活を犠牲にしなければなりません。

ましてや試験の直前期、一ヶ月前などになると生活自体を試験中心にシフトして行かなければ、太刀打ちできなくなります。

でもここで注意して欲しいことがあります。それは受験が近づくにつれてまわりの人もあなたの気づかないところであなたに気遣っているということです。

試験勉強の一番大切な時期、だからこそ集中したい、その気持ちはよくわかります。しかし、何かに集中しているということは他の何かを捨てている、犠牲にしているということと同じなのです。

ここにあなたが気づかない思わぬネガティブなポイントがあります。

楽観的ポジティブ思考が成功へと導く

アメリカの心理学者の実験でスポーツで成功する人の性格をを分析したら物事に対して悲観的な人よりも、楽観的な人のほうが成績が良かったという結果を得られました。

このことからもわかるように、ストレスフルな状況においても楽観的な態度がむしろ好成績を残せるということです。

受験直前期というプレッシャーのある時期に、あなたは「なんでこんな大切な時期にまわりの人は手伝ってくれないの?」「わたしが今忙しいってことくらい知っているでしょう?」などと、いらだっていたりしませんか?

もしそうなら、それはあなた自身が試験勉強に集中するあまり周りの環境を犠牲にしているネガティブな思考に陥っている証拠です。

受験直前期だからといって何もそんなに慌てる必要はありません。

楽観的になればいいのです、リラックスしてまわりに気づかって明るく接していたら逆にまわりからあなたの受験を気づかってくれることでしょう。

プレッシャーのある試験直前期だからこそリラックスして明るくポジティブに過ごせるということは、とても素晴らしいことじゃないでしょうか。

sponsoredlink

コメント投稿する。