早起きする方法、朝が苦手な人必見の早起きするコツ-体質改善して試験勉強を効率化する方法

眠る

3つのポイントで簡単早起き生活

朝型生活は仕事や勉強にとっても効果的な話はよく聞くと思います。でも、早起きするのが苦手な人は多いみたいでなかなか朝型生活に踏み込めないという悩みも多いみたいです。

そんな人のために今回は効果的に朝型生活に切り替えるポイントと方法をすごいわかり易く書きたいと思います。

早起き生活にするための3つのコツ

1早起きできる環境を整える

2早起きを強制グッズを使う

3早起きを習慣化する

早起きする環境を整える

朝が苦手だと考えている人にとって早起きと聞くと「辛い」とか「キツイ」「眠い」といったネガティブなイメージが思い浮かぶのではないでしょうか?

早起きが好きなわたしが早起きと聞いただけで「爽やか」とか「活力ある時間」というポジティブなイメージを想起するのとは対照的だと思います。

つまり大切なのは早起きを習慣化するために、まずは何があなたが早起きするのに障害となっているのかを一つ一つ思い出してみることです。

温かいフトンから寒い部屋に行くのが嫌なのか、冷たい水で顔を洗うのが嫌なのか、そのような早起きに対してマイナス要因となるものをできるだけ取り出し、それを一つ一つ可能な限り潰していきます。

エアコンで起床30分前から部屋を暖かくする、夜寝る前に魔法瓶でお湯を作っておくなど、自分にとってマイナスとなるモノをすべて寝る前にクリアしておくことが重要です。

また、眠りを阻害する要因である寝心地の悪いベッドや寒くて薄いフトンなんかもマイナス要因です。人が寝ている時間というのは1日の3分の1の時間を使用しています。この際自分への投資だと思って少しくらいは奮発したものを使用するのが生活を豊かにするのではないかなと思います。

早起き強制グッズを使用する

この早起き強制グッズってなんだろうと思いませんでしたか?実はこの早起き強制グッズとは勝手にわたしが考案したものです。

早起きを習慣化する前まではわたしは目覚まし時計を使用していました。けたたましく鳴り響く目覚まし時計を使えば、嫌でも目が覚めるだろうと、できるだけ音の大きなものにしたり、スヌーズ機能のついた一度消してもまた5分後になる目覚ましにしたりといろいろなものを使用しました。

しかし、残念ながらけたたましく鳴り響く目覚まし時計は起床を不快なものにするだけで決して快適な寝起きにはなりませんでした。

そこで考案したものがこちらです。

ヤザワ クリップライト ホワイト CRG5WH ヤザワ クリップライト ホワイト CRG5WHヤザワ
売り上げランキング : 8292Amazonで詳しく見る by G-Tools

そうライトです。この明かりによって目覚める方法は音による起床よりも自然な目覚めを得られます。

セロトニンという言葉を聞いたことがある人もいると思います。このセロトニンとは一言で言うならば、うつ病や不眠症に効く体内の物質です。

人は陽の光を浴びるとセロトニンが分泌して目覚めを意識するのですが、これが人工的なライトでも分泌することがわかっています。

冬などは日の出時刻が遅く4時や5時だとまだ暗いですよね。ですから、ついつい外が暗いままだと寝てしまいがちですが、自分にライトを浴びせることによって朝を身体で覚えさせる効果があります。

24時間プログラムタイマーPT24 24時間プログラムタイマーPT24リーベックス
売り上げランキング : 114Amazonで詳しく見る by G-Tools

このようなタイマーを朝の4時とか5時にセットすることによって目覚まし時計のけたたましい騒音による起床から解放されて自然な目覚めを獲得できます。

早起きを習慣化するコツ

最終目標は早起きすることを習慣化することです。

1日だけ早起きすることは気合があれば誰でもできます。しかし、習慣化して毎日早起きにするにはそれなりの訓練が必要になってきます。

そこで、上に上げてきた環境の準備だけではなくて、習慣化するためのマインドをセットすることも重要になってきます。

一番良いのが快適な睡眠をとることによって体内時計を早起き習慣にセットすることです。とにかく気持ちのよい睡眠と朝起きた時の爽快感をイメージするのに役立つことはできるだけ取り入れるようにします。

参考になるのが例えば、入眠儀式として寝る前にゆっくりとヨガをするとかストレッチをするとか、ラベンダーのアロマの香りを使用するなど、自分にあった睡眠を快適にする小道具を取り入れるのが効果的ではないかなと思います。

最後に早起き習慣について

早起きするのは修行ではありません。何よりも大切なのは自分の生活を豊かにするためにやることと考えてください。

まず第一に自分の生活を豊かにすること、そのためにどれだけ苦痛を取り除いて早起き習慣に入れるのかということを意識して徐々に徐々に取り入れていくことが最も効果的ではないかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください