6ヶ月で一発合格は可能か?社会保険労務士試験を2月から短期合格を目指すのに必要なもの

ハートのクッション

社会保険労務士試験は短期で一発合格できる資格

社会保険労務士試験はゼロからの知識でも半年で一発合格ができる資格です。というタイトルはネットでも書籍でもよく見かけることありますよね。

実はこれは本当で、実際わたしの周りでも半年で一発合格している友人は何人かいます。社会保険労務士は選択式の罠にはまったりしない限り意外とスムーズに合格が可能なのです。

この社会保険労務士試験の特徴の一つに合格ラインに1点差で泣いている受験生というのが本当にたくさんいる試験というのがあります。つまりどこで合格ラインの線引がされるかで合否が決まり、すんなり合格する人もいれば、毎年不条理な救済措置で泣いている人もいる試験です。

やり方さえ間違えなければ短期合格を目指すことも可能

ただ、だれでも6ヶ月間の勉強をすれば合格ラインまで行けるのかといえばそう容易な試験でもありません。

最近の社労士試験の難化傾向もありますが、6ヶ月で短期一発合格ラインまでもっていくにはそれなりの準備と覚悟が必要だと考えられます。

今回は社会保険労務士試験に短期一発合格するためどういうところに注意したほうが良いのか、合格する人はどういう勉強方法をとっているのかについて語ってみたいと思います。

社労士一発合格の極意、敵を知り己を知る

社会保険労務士試験一発合格で必要となるのは敵を知り己を知るということです。敵とは当然社労士試験です。己とは自分の置かれている環境と考えてください。

社会保険労務士試験で合格に必要な勉強時間は一般的に600時間から1000時間と言われています。最短で600時間としてもこの600時間とは相当のものです。

6ヶ月で合格と考えると1ヶ月100時間必要となり1日平均3時間以上の勉強が必要となります。このような勉強する環境は受験生それぞれで違うと思いますがこの社会保険労務士試験の受験生の多くは30代が多いことから見ても1日平均3時間の勉強時間の確保は容易なものではないと思います。

1日平均3時間の勉強というのも意外と簡単そうに見えますが、試験勉強慣れしている人でしたら簡単かも知れませんが、そうでなければなかなか習慣化することが難しいと思います。

また1日平均3時間というのは最低ラインだということも覚えておく必要があります。平均3時間の勉強で合格するためには試験の特徴をよく理解し、何を重点的にどのような勉強で取り組むのかをはじめから計画する必要があります。

このブログでは何度も計画的勉強法について語ってきましたので参考にしていただけたらと思います。

ほんとうに必要な資格なのか合格後の活用を研究する。

社会保険労務士試験は腐っても国家資格です。とりあえず合格を目指すだとか、履歴書に書けたら就職に有利かな?くらいの軽い気持ちで受験してもなかなか合格レベルまで持っていくのは難しい試験だと言えます。

また、先程も取り上げましたように最低でも600時間の勉強は必要だと考えられます。この600時間というのを簡単に考えないほうが良いと思います。たとえその時間を時給1000円でアルバイトをしていたとしましても60万円に換算されます。

それだけ自分の時間を削って勉強に当てる試験なのです。それ以外にも模擬試験やテキスト、単科講座などさまざまな面で費用がかかる試験です。それだけのコストを払ってでも今の自分にほんとうに必要な資格であるのかしっかりと考えてから勉強をとりかかることが必要だと思います。

この社会保険労務士試験は合格していくつかの条件をクリアすれば社会保険労務士として登録ができ社労士を名乗ることができます。

社会保険労務士という業務がとてもやりがいのある資格であるので、自分にとって多くの時間と費用を犠牲にしても絶対に取得したい資格なんだという決意を持って受験に取り組んでいただきたいと思います。

必ず一発合格すると決意して

一発合格する人のすべての人に共通することは「絶対に一発合格する」という強い決意です。

自分はコツコツ型だから2年計画でがんばろうとか1年半くらいかかるかなとか、そいういう言い訳は一切しません。必ず一発合格する、そのための試験勉強を研究し尽くして無駄がなく効率的な勉強を常に心がけるようにしています。

そういう人達だけが短期で合格ラインまで持って行くことができるのです。自分に何らかの言い訳を許してしまうとそこから徐々に徐々に言い訳が広がり妥協したなりの結果しかつかむことができなくなります。

そういうことがないように、一度決意したからには必ず一発合格するそのための研究を怠らないという決意が必要となります。

以上見てきましたように、社会保険労務士試験に一発合格するためには常に試験を研究する姿勢と必ず合格するという決意が大切だということを忘れないで下さい。

これを読んで、これならできると思ったのなら、試験まで残り6ヶ月です。社会保険労務士試験合格を目指してみてはいかがですか?-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください