社労士試験対策は過去問重視の勉強で大丈夫か

sponsoredlink

関連する記事:
通信講座を比較する。評判の社労士講座
社労士の学習でおすすめするテキストや過去問

「社労士試験は過去問だけやってたら合格できる時代は終わった。」

この言葉、社労士受験を考えている方なら一度は聞いたことあるでしょう。実はこの言葉には2つの解釈が含まれていると思います。

一つは最近の社労士試験の難化傾向です。試験のために過去問を5回もまわしたのに、不合格になった人などが口にするのではないでしょうか。

もう一つはかなり古い社労士試験を知っている人の発言です。

実は最近の5年過去問や7年過去問から勉強されている方は知らないかもしれませんが、15年くらい前の過去問を見ると「これが本当に社労士試験だったの?」っていうくらい簡単な選択肢でできています。

知人が20年過去問などを持っていたら見せてもらうといいと思います。最近の試験内容とは比べ物にならないくらいシンプルな出題と同じ問題が例年繰り返されています。それを見たら

「そりゃ過去問だけをやってたら合格できるわ」と言いたくなるくらいシンプルです。

過去問こそ重要、国家試験は過去問に始まり過去問に終わる。

では実際のところどうでしょう、社労士試験は過去問だけやっていても合格できない試験になったのでしょうか。

いいえ、それは違います。

基本的な考え方として、国家試験の受験を考える時に一番大切なのは過去問となります。

なぜなら試験は毎年行われます。その試験の難易度が年度ごとにばらつきがあると不公平となり、合格者の水準がが保てなくなります。

そのため試験の難易度をある程度まで一定にするため過去問を基準とした試験問題が作成されます。

社会保険労務士試験も例外でなく、試験問題は過去問の論点把握が中心となって出題されます。

各予備校が予想問題や答練で問題を作成したり、市販のテキストに書かれている予想問題なども過去問を基準として作成されていると考えて間違いありません。

過去問だけで他は必要ないのか?

社労士試験の3種の神器は、そうです、「テキスト、過去問、法改正」です。

法改正は過去問にはない分野です。社会保険労務士試験の科目は非常に範囲が広く、そして法律も改正されやすいです。

そのため社労士試験でも狙われやすい分野であり、最新の法改正だけでなく、2、3年前の法改正も視野に入れて勉強することが必要とされます。

また、一般常識などでも時事的な白書からの出題がされる傾向にあり対策が必要となります。

この辺りが社労士試験は過去問だけやっていたら合格できる試験ではなくなったということではないかと思われます。

sponsoredlink

4 Comments

  1. りゅうやん 2013年8月20日
    • kikusan 2013年11月14日
  2. きりん321 2013年11月13日
    • kikusan 2013年11月14日

コメント投稿する。