社労士資格の活かし方

sponsoredlink

社労士資格はどう活用できるか?

社会保険労務士の資格って聞いたことあるけどどういうところで活躍してるの?

自分のキャリアの中でどうやって活かすことができるの?という社労士資格に興味を持っている方のために社労士資格の活かし方について書いてみたいと思います。

キャリアアップ転職に使えるか?

社会保険労務士の資格を有効に活用するためにも資格の特徴をしっかりと把握してキャリアアップを目指すのが効果的です。

大企業にお勤めの方でしたら、就業規則に資格手当など資格取得やスキルアップを奨励しているところが多く、社会保険労務士の資格は業務スキルとして認められることが多いです。

最近では資格を取得したら一時金として支払われることが多いのですが、就業規則に書かれているだけで働いている従業員ですら知らないということが多いので一度自分の働いている会社の就業規則を見て確認してみることをおすすめします。

社会保険労務士資格は難関の部類に入ります。しかし、TOEICの資格などと同じように、「そんな資格持ってて何になるの?」などと揶揄する人もいますが、実際には会社は必ず人事考課などで向上心をはかる一つの項目としてスキルアップを目指す資格を持っているか合格しているか等をみています。

ですから社会保険労務士はキャリアアップに十分通用する資格であると思われます。

ただし残念ながら中小企業の場合は人事考課にそこまで公平性を目指すことが多くない場合があり、資格を持っているからといって優遇する企業ばかりとは言い切れません。

しかしながら成長を目指す企業ならどこでも必ず人の評価を重視しており、それら知識がある社会保険労務士の資格を必要としている会社も少なからずあります。

社労士資格を取得してドンピシャの求人に応募し転職を成功させている人も見かけます。

社労士資格を有効に活用して就職転職を考えているのであるなら、タイミングを大切にして社労士資格を必要としている会社にうまく転職することを目指す計画性も必要だと思います。

社会保険労務士資格を独立開業に使えるのか

社会保険労務士の資格は独立開業も可能です。開業登録さえすれば簡単に社労士になれます。

ただ開業登録には2年間の実務経験を必要としますが、実務経験が無ければ事務指定講習を受けることによって2年間の実務経験として認められます。

多くの開業登録している社労士はこの事務指定講習を受講して開業に至っています。

社労士の資格は独立開業がかならずあなたのキャリアアップに役立ちます。とはなかなか断言しにくい現状もありますが、計画的に開業を目指している人など自分のライフプランにあわせた独立を目指している人には評判の良い資格です。

もし、今の仕事に行き詰まりを感じているのなら独立開業をプランの一つに考えてみてはいかがでしょうか?

sponsoredlink

コメント投稿する。