試験直前の不安な気持ちの乗り切る方法、合格する人はここが違う絶対知っ得!

試験直前の不安を克服するたった一つの方法

絶対合格しないといけない、誰だって試験を受ける人ならそう思います。

それが一年に一度しかないような試験であったらなおさらです。今まで自分が費やしてきた試験勉強のための時間とお金を無駄にしないためにも、応援してくれる家族のためにも、何が何でも合格しないといけません。

しかし、そう思えばそう思うほど、合格へのプレッシャーはのしかかり、気負い過ぎてなかなか自分の実力が発揮できないなんてことになってしまうことがあります。

その試験前の不安の乗り切って自分の力を出しきる方法をご紹介します。

試験前のプレッシャーを乗り切る簡単な方法

もう一度思い出して貰いたいのは、以前わたしはブログで

合格だけを目指しても効果的な勉強にならない|社労士勉強応援ブログ

を書いたように、あなたにとって試験は合格だけが目的ではないはずです。

資格試験などは特にそうですが、資格を所有して自慢するだけが目的でないかぎり、合格したあとにどのように活躍するかあなたの目標こそがが問題となってくるのです。

逆に言えば試験とは、目的を達成するための簡単な事務手続の一つにすぎないのです。

国家資格の試験とは毎年傾向がコロコロ変わるようなものではありません。

過去問重視の受験対策で大丈夫か?”(参考)

国家資格試験の場合必ず傾向と対策があり、レアで勉強の範囲外の問題が毎年いくつか出題されることも想定内の出来事と思わなければなりません。

だからこそ、万全の試験対策をしたあなたは試験日をこのように考えてください。

試験によって、自分の能力が試されるのではなく、単に資格取得の事務手続きをしに行くのだ

 誰よりも受験対策をしたのなら

試験は本試験が一番大切です。どんなに綿密な勉強スケジュールを立てようとも、評判の予備校で勉強しようとも、本試験で結果を出せないのならまったく意味がありません。

だから、本試験のための受験対策は一番真剣に考えて、徹底的にシミュレーションするべきというのはわたしの前々からの持論です。

ここで言う 受験対策をするということは、試験日のすべての行動を予定通りこなすことです。

何時に起きて何時の電車に乗って、試験30分前に到着すること、用意したチェックシートで簡単に最終チェックをして、試験はどの科目からとりかかるのか、それら全てを最初から計画することです。

全てを予定として組んでいるのなら、もう何も不安がる怖いものはありません。全て目的を達成するため着々と計画をこなしていけばいいだけだからです。

予定を立てたとおりに行動して簡単な事務作業をこなしていくかのように、試験本番に臨みます。

今まで試験突破のために頑張ってきたあなたなら、それさえできれば合格はもう目の前にあります。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。