【紛争解決手続代理業務試験】特別研修の日程とか受講料とか

特定社労士を目指そう!

前回紛争解決手続代理業務試験の申込み方から内容についてで説明した内容の続きで日程と受講料などについて説明します。

 特別研修の申込期間はいつなの?

申し込み受付期間は6月下旬から7月初旬までです。

お気をつけください、この試験は期限厳守です。期間外での受付はされませんので今年は受けるぞとお考えの方は必ず期間をメモしてください。

当日消印有効だそうです。

特別研修の受講料(費用)は85,000円です。

この85,000円の中で紛争解決手続代理業務試験の受験料は含まれていません。

だから特定社会保険労務士の資格を取得するに必要な費用はおおよそ10万円必要となります。その他交通費とかも自分持ちですので、しっかりと受講をして自分のものにしないともったいないです。

受講に関しては遅刻厳禁です。一回でも欠席したら修了証をもらえませんので、早寝早起きを心がけてください。

研修の日程はいつごろなの?

 1.中央発信講義とグループ研修

中央発信講義が始まるのはおおよそ10月の第一土曜日からです。11月の初旬までにグループ研修をひと通り終えます。

開催する場所は47都道府県社会保険労務士会で実施されますが、日程などは都道府県会ごとによって違います。

2.ゼミナール

ゼミナールの開催は11月の中旬から2週間ほどで3回のゼミナールが実施されます。

全国主要都市の12都市で開催されますが、年度によっては変更されることがあります。

主要12都市

札幌、仙台、さいたま、千葉、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、福岡

特別研修の講義内容やゼミナールの様子などを知りたい方は過去のエントリー

本音で語る紛争解決手続代理業務試験

こちらで特別研修の内容と感想かいております。こちらをご覧ください。

特定社会保険労務士の活躍分野はこれから社会からもっともっと必要とされていく分野だと思います。

ぜひたくさんの方が受講して合格して、あしたの個別労働関係紛争を解決して行くように頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください